授業のねらい(プラズマ科学)


プラズマについての知識は核融合研究を通じて大きく進展した。 現代のプラズマ科学は、核融合研究だけでなく産業応用や宇宙現象の理解など、いろいろな方面に展開している。 前期では、プラズマを理解するうえで必要な基礎知識について解説する(基礎編)。 後期では、特にパルスパワー放電を用いて生成されるプラズマの紹介とその計測について述べる(応用編)。

授業ではできるだけ「数式」をきちんと使って現象を導いていく。 数式というものは実際使ってみないとその意味するところがなかなか理解できない。 そこで、プラズマ現象を数値的に理解し把握する練習をしていく。 プラズマ科学を道具として使いこなせるようにすることが最終的な目標である。

授業に対する意見や希望などはいつでもどうぞ。 メールは下記宛に送ってください。

いつもは駿河台校舎7号館722D室にいます。


Email: Keiichi Takasugi