next up previous
Next: 磁気流体 Up: 電磁波の伝搬 Previous: カットオフ

干渉測定

\includegraphics[width=10cm,clip]{interferrometry.eps}
媒質中を進む波の位相は

\begin{displaymath}
\phi = \int kdx
= \frac {\omega}c \int \left(1 - \frac {\o...
...ega}c \int \left(1 - \frac {\omega_p^2}{2\omega^2} \right) dx
\end{displaymath}

参照波と干渉させたときの位相差は

\begin{displaymath}
\Delta \phi = \frac 1{2c\omega} \int \omega_p^2 dx
= \frac {e^2}{2c \omega \epsilon_0 m} \int ndx
\end{displaymath}

位相差が$2\pi$となるとき光学測定では干渉縞が1本現われ、1フリンジとよばれる。 このような線積分密度は

\begin{displaymath}
\langle nl \rangle = \frac {4\pi c \omega \epsilon_0 m}{e^2}
\end{displaymath}

である。



Keiichi Takasugi
平成24年1月12日