next up previous
Next: 課題 Up: Coulomb 衝突 Previous: 電子とイオンとの衝突

電気抵抗率

定常状態の電子の運動方程式は

\begin{displaymath}
m_e \frac {dv}{dt} = - eE - m_ev_e\nu_{ei} = 0
\end{displaymath}

これから

\begin{displaymath}
E = - \frac {m_ev_e\nu_{ei}}e
\end{displaymath}

電流密度は

\begin{displaymath}
j = -en_ev_e
\end{displaymath}

この比をとると電気抵抗率が得られる。

\begin{eqnarray*}
\eta = \frac {m_e\nu_{ei}}{n_ee^2}
& = & \frac {Ze^2m_e^{1/2...
...frac {Z \ln \Lambda}{T_e \ [{\rm eV}]^{3/2}} \ [\Omega {\rm m}]
\end{eqnarray*}

これはSpitzer 抵抗とよばれ、プラズマの加熱や電子温度の測定などで重要である。



Keiichi Takasugi
平成24年1月12日