next up previous
Next: エネルギーの間の関係 Up: 物理計測について Previous: SI単位系

圧力の間の関係

理想気体の状態方程式


$\displaystyle pV = NRT
\begin{picture}(0,0)
\put(-56,-18){\color{red} \line(0...
...0}}
\put(-28,28){\color{red} [J/mol$\cdot$K]}
\end{picture}
\vspace*{0.7cm}
$

気体定数

$\displaystyle R = 8.3145 \ \rm {[J/mol\cdot K]}
$

1 molの標準状態 (0$ ^{\circ}$ C、1 atm) の理想気体

$\displaystyle V_0 = \frac{RT}p = 2.2414 \times 10^{-2} \ \rm {[m^3]}
$

標準状態での粒子数密度 (Loshmidt 数)

$\displaystyle n = \frac{p}{k_BT} = 2.6868 \times 10^{25} \ \rm {[m^{-3}]}
$

圧力の単位
気圧 atm $ 1.01325\times 10^5$ Pa
バール bar $ 10^5$ Pa
トール Torr 133.322 Pa



Keiichi Takasugi
平成25年9月18日