next up previous
Next: SI単位系 Up: 物理計測について Previous: プラズマと原子過程

いろいろな測定

電磁測定
電磁気学を利用した測定、特に電磁誘導を利用した非接触な測定法について解説する。
圧力測定
圧力は面に作用する力であり、物体の変形や熱伝導を利用して測定を行う。また、粒子数密度の測定から求めることができる。
荷電粒子測定
電荷を持つ粒子は電磁気的性質を利用してエネルギーや運動量を測定することができる。
放射線測定
エネルギーの高い粒子は物質との相互作用を調べることによってそのエネルギーを測定することができる。
干渉測定
光は波動であり、干渉させることによって精密な位相の変化を測定することができる。
分光測定
スリットのまわりの光の回折は波長依存性があり、分散特性を示す。この性質を利用して分光測定ができる。
X線測定
X線は光の波動的な性質と粒子的な性質の両方を持っており、いろいろな測定法が可能である。 物質との相互作用の強い軟X線はいろいろな場面で利用されている。



Keiichi Takasugi
平成25年9月18日