next up previous
Next: 例題 Up: 電磁測定 Previous: Rogowskiコイル

Hall素子

半導体のHall効果 (1879) を用いて磁場を測定する。 キャリア (伝導電荷) の運動は

$\displaystyle m \frac{d\bm{v}}{dt} = q(\bm{E} + \bm{v} \times \bm{B}) - \frac{m\bm{v}}{\tau} = 0 \ (定常)
$

電流密度 $ \bm{j} = nq\bm{v}$ を用いると

$\displaystyle \bm{E} + \underline{\frac{\bm{j}}{nq} \times \bm{B}} = \underline...
...} $\eta$}
\put(-30,-60){\color{red} 電気抵抗率}
\end{picture}
\vspace*{1cm}
$

Hall 効果はキャリア密度が低い方が顕著であり、

$\displaystyle R_H = \frac{1}{nq}
$

は Hall 係数と呼ばれる。









\begin{picture}(0,0)
\put(120,-100){\includegraphics[height=4cm,clip]{hall.eps}}
\end{picture}



Keiichi Takasugi
平成25年9月18日