next up previous
Next: Hall素子 Up: 電磁測定 Previous: 磁気プローブ

Rogowskiコイル

磁気プローブを周回させることにより、非接触で電流を測るためのコイル。 Ampèreの法則により、磁場の周回積分は

$\displaystyle \oint \bm{B} \cdot d\bm{\ell}$ $\displaystyle =$ $\displaystyle \int \nabla \times \bm{B} \cdot d\bm{S}$  
  $\displaystyle =$ $\displaystyle \int \mu_0 \bm{i} \cdot d\bm{S}$  
  $\displaystyle =$ $\displaystyle \mu_0 I
\begin{picture}(0,0)
\put(80,-10){\includegraphics[height=2.5cm,clip]{rogowski.eps}}
\end{picture}$  

つまりRogowskiコイルは測りたい電流を取り囲むように配置すれば、その置き方にかかわらず一定の起電力が得られる。 コイルの断面積$ S$$ n$ [巻/m]の割合で巻かれているとき、コイルに発生する起電力は
$\displaystyle V$ $\displaystyle =$ $\displaystyle -nS \frac{d}{dt} \oint \bm{B} \cdot d\bm{\ell}$  
  $\displaystyle =$ $\displaystyle -\mu_0 nS \frac {dI}{dt}$  

この信号を積分することにより電流波形が得られる。



Keiichi Takasugi
平成25年9月18日