next up previous
Next: この文書について... Up: X線回折と結晶分光 Previous: 結晶構造解析

結晶分光

プラズマなどのX線源から放射されるX線のスペクトルを結晶を用いて分光することができる。 基本は前述のBraggの式であり、異なる波長のX線は異なる角度で反射される。 分光に用いられる結晶は1つの結晶面に沿ってきれいに研磨されたものである。 結晶分光の方法として大まかに2つの方法がある。

\includegraphics[width=5.5cm,clip]{bragg2.eps}

\includegraphics[width=8cm,clip]{rowland.eps}



Keiichi Takasugi
平成25年9月18日