next up previous
Next: 確率積分 Up: ランダム誤差とその分布 Previous: 誤差の分布

二乗平均誤差

真の値を $Z$ とする。 測定値 $z_i$ ( $i = 1, 2, \cdots$) の分布状態からその測定値がどの程度信頼できるか考察してみる。 各測定値の誤差 $\xi_i = z_i - Z$ の二乗の平均の平方根 (標準偏差)、

\begin{displaymath}
s = \sqrt{\frac 1n \sum_{i=1}^n \xi_i^2}
\end{displaymath}

を二乗平均誤差、あるいは標準誤差という。

誤差の分布が連続的で Gauss 分布に従うとき、$s^2$$\xi^2$ の期待値となり

\begin{eqnarray*}
s^2 & = & \int_{-\infty}^{\infty} \xi^2 f(\xi)d\xi \\
& = &...
...t{2\pi}\sigma} \frac {\sqrt{2\pi}\sigma^3}2 \\
& = & \sigma^2
\end{eqnarray*}

すなわち $s$$\sigma$ に一致する。 あるいは $\xi_i$ を用いて

\begin{displaymath}
\xi_1^2 = \xi_2^2 = \cdots = \frac 1n \sum_{i=1}^n \xi_i = \sigma^2
\end{displaymath}



Keiichi Takasugi
平成24年2月9日