慣性モーメント


回転の運動エネルギーは
K = Σ1/2 mii2 = 1/2 (Σmii22 = 1/2 Iω2
と表される。
I = Σ(mii2)
は慣性モーメントとよばれ、並進運動における質量に対応するものである。

質量が連続に分布するとき、慣性モーメントは

I = ∫r2dm = ∫r2ρdV
によって求めることができる。

回転軸が質量中心を通らずhだけずれているとき、質量中心の周りの慣性モーメントIcomとの関係は

I = Icom + Mh2
となる。 これは平行軸の定理とよばれる。


Email: Keiichi Takasugi