回転運動


剛体は大きさを持ち、変形せずに運動できる物体である。

回転角は単位をradとし

θ = s/r
で与えられる。 ここでrは半径、sは弧の長さである。 回転数は
1 rev = 2π rad

速度・加速度と同様に角速度ω・角加速度αが定義される。

ω = dθ/dt
α = dω/dt
周期は
T = 2π/ω

角加速度α一定の運動では

ω = ω0 + αt
θ - θ0 = ω0t + 1/2 αt2
となる。


Email: Keiichi Takasugi