摩擦


摩擦は巨視的世界では必ず存在する。 静止しているときに外力とつりあう力を静止摩擦力fsという。 静止摩擦力の最大値fsmax
smax = μs
ここでμsは静止摩擦係数、Nは垂直抗力である。 動いているときに外力とつりあう力を動摩擦力fkという。
k = μk
ここでμkは動摩擦係数である。

流体による抵抗力は

D = 1/2 CρAv2
ここでCは抵抗係数、ρは密度、Aは有効断面積、vは速度である。

重力Fgとつりあうとき

g - D = ma = 0
これから
v = (2Fg/CρA)1/2
これが終端速度である。


Email: Keiichi Takasugi