位置・速度・加速度


直線運動をする物体(粒子)を考える。 物体の位置はx軸上の座標で表され、時間tの関数x(t)となっている。

変位は

Δx = x2 - x1
変位を起こす時間をΔtとすると、この間の平均速度は
avg = Δx/Δt = (x2 - x1)/(t2 - t1)
である。

Δt→0の極限をとって(瞬間)速度を定義する。

v = dx/dt

さらに、平均加速度は

avg = Δv/Δt = (v2 - v1)/(t2 - t1)
(瞬間)加速度は
a = dv/dt = d2x/dt2
となる。


Email: Keiichi Takasugi