日本大学大学院理工学研究科 量子理工学専攻博士論文 本文へジャンプ
ホーム  量子理工学専攻 修士論文  物理学専攻 博士論文  物理学専攻 修士論文 

年度 氏名 論文名
平成8年 中田 仁志 半導体ナノクリスタルの生成と光物性
平成9年 森川 明良 重クォーク ・ 中間子の光遷移と相対論的 LS結合形式
平成9年 深作 貴美代 標準太陽模型の検証と太陽ニュートリノ問題の新解釈
平成9年 守屋 武彦 複合多芯NbTi超伝導線の近接効果に関する研究
平成10年 小田 隆一 クォーク・反クォーク中間子系の質量スペクトルと構造
平成11年 大谷 浩樹 医用陽子線の物理的特性および線量評価に関する研究
平成12年 駒田 智彦 生成過程でのσ-中間子の確認
平成12年 周 淑亮 パルス管内振動流体のエネルギー輸送特性
平成12年 Alexander I. Muravich 高密度シートZピンチの定常状態と動的過程
平成12年 関 正美 大型トカマク装置における低域混成波を用いた電流駆動の研究
平成12年 小林 宏司 アクセプター型グラファイト層間化合物の熱電能
平成13年 横山 和枝 FFL LINAC に於ける RF系の改良によるビーム安定化に関する研究
平成14年 小久保 陽介 Massive yang-mills 理論における有効ポテンシャルとカラーの閉じ込め
平成14年 Kashani, Mehdad メーザー型プラズマフォーカス放電のプラズマ層運動期におけるエネルギー散逸
平成14年 竹内 嘉治 中性K, B中間子系におけるCP,T 及び CPT 対称性の破れの現象論的研究
平成14年 長峰 康雄 低アスペクト比逆磁場ピンチにおける新古典電磁流体力学的平衡
平成14年 南葉 利通 ATRAS-RFP に於ける内部磁場構造の実験的解析に依る逆磁場ピンチプラズマの閉じ込めと緩和過程に関する研究
平成15年 前田 知人 重・軽クォーク中間子系に於けるカイラル状態
平成16年 菅野 浩一 高輝度マルチバンチ高周波電子銃用光陰極特性の研究
平成16年 境 武志 Sバンドクライストロンの長パルス化に関する研究
平成16年 石渡 謙一郎 非破壊型ビーム位置モニターシステムの開発研究
平成16年 水野 謙一郎 MgB2線材の組織変化と超伝導特性に関する研究
平成16年 大木 幹雄 ソフトウェア場概念によるオブジェクト指向システムのクラス抽出過程定式化とその検証
平成17年 中尾 圭佐 電子線形加速器における自動ビーム調整の研究
平成18年 橘川 薫 Atiyah-Singerの指数定理に基づく電荷の量子化条件の導出
平成18年 行方 直人 通信波長帯における量子鍵配布へ向けた単一光子の発生と検出
平成21年 梅津 光一郎 ブラックホール放射の研究における最近の試み
平成22年 西尾 峯之 自己収縮プラズマにおける力学的イオン加速
平成23年 江上 武史 張力のない弦のツイスター形式
平成23年 藤井 剛 超伝導光子数識別器による表面プラズモンポラリトンのボーズ粒子性の検証
平成24年 野手 順一 ツイスター量子化におけるHilbert空間
平成28年 岡野 諭 スピンをもつ有質量粒子のツイスター形式
平成29年 鈴木 隆史 剛性を持つ粒子のツイスター形式