topページ
Main Contents 


Sub Contents 

◆平成11年度 前のページに戻る

【修士論文】
氏 名
論  文  名
長島 明大
複合多芯超伝導線における近接効果の研究
赤坂 武志
2モードに対する位相演算子
鵜飼 龍一
部分緩和モデル逆磁場ピンチのMHD線形安定性
菅野 貴之
アーベリアン射影されたQCDの有効ゲージ理論
竹内 嘉浩
中性K中間子系におけるCP,T及びCPT対称性の破れ: KTeV,NA48,CPLEARとPDG1998び実験データの分析
竹田 圭志
励起D-,B-中間子系の光崩壊
南葉 利通
ATRAS-RFPプラズマの磁場計測による閉じ込めと緩和過程の研究
福島 敦史
ゲノム情報の統計学的解析 : 塩基配列に見られる長距離構造
前田 知人
重・軽クォーク中間子系とカイラル対称性
三田村 好敬
中性子観測によるプラズマフォーカスの最適化
若林 歩
荷電交換π中間子・核子散乱と軸性ベクトル中間子


【博士論文】
氏 名
論  文  名
大谷 浩樹 医用陽子線の物理的特性および線量評価に関する研究