topページ
Main Contents 


Sub Contents  量子科学研究所図書室リンクパンフレット専攻内情報

◆2015年
当専攻 出口真一 教授の解説記事が「数理科学」(サイエンス社)に掲載されました。
「電磁気学とその発展」(数理科学 2015年2月号 p.14)

当専攻博士後期課程3年 岡野諭君が平成27年度駿博会駿博奨励賞を受賞しました。

◆2013年
当専攻 プラズマ科学研究室の博士前期課程2年の宮崎孝基君が核融合科学研究所「プラズマ科学のフロンティア2013」研究会(8月21〜23日)で「学生ポスター賞」を受賞しました。
発表タイトルは「ガスパフZピンチにおける雲状金属微粒子のX線シャドウグラフ計測」です。

◆2010年
当専攻 量子光学研究室の博士後期課程2年の藤井剛君がナノオプティクス研究グループ第19回 研究討論会(7月15〜16日)で「ナノオプティクス賞」を受賞しました。
発表タイトルは「表面プラズモン導波路を用いた光子ー表面プラズモンポラリトン量子メディア変換」です。

当専攻卒業生 山本俊一さんが二重振り子の製作に関連してNHK総合テレビの特ダネ投稿DO画1月22日深夜に出演しました。
NHKの報道の元ネタになったのは Make:technology on your time に紹介されたものです。
http://blog.makezine.com/archive/2009/11/double_pendulum_really_swings.html

◆2009年
当専攻 川上隆輝 専任講師のグループの研究が英科学誌「ネイチャー・ケミストリー」電子版に掲載されました。
"Spin transition in a four-coordinate iron oxide"(ネイチャー・ケミストリー Vol.1(5), p.371)

◆2007年
当専攻 藤川和男 教授の解説記事が「日本物理学会誌」に掲載されました。
「ベリー位相を再考する」(日本物理学会誌2007年3月号p.163)

◆2006年
当専攻 非線形非平衡統計物理研究室の大学院生 八木晋君が「Scilab Toolbox Contest Japan 2006」で最優秀賞を受賞しました。(詳しくは次のHPをご覧下さい:http://www.nii.ac.jp/scilab/contest/2006/contest2006_r.html

当専攻 井上修一郎 教授のグループが執筆した単一光子検出に関する論文が「ネイチャーフォトニクス、リサーチハイライト」に取り上げられました。

◆2005年
当専攻 藤川和男 教授の解説記事が「数理科学」に掲載されました。
「量子異常とは何か −対称性の原理と量子論の原理の相克」(数理科学 2005年7月号 p.5)

当専攻 高杉恵一 助教授の解説記事が「日本物理学会誌」に掲載されました。
「Zピンチの物理と展望 −自己収縮する系の再認識−」(日本物理学会誌2005年5月号p.351)