topページ
Main Contents 


Sub Contents 

 量子力学は、20世紀前半に登場し、今や自然界における数々の微視的な現象をも洞察する極めて有用な学問として成長し続けています。また物質科学の基礎理論である量子力学は、現在ではニュートン力学、電磁気学と並ぶ科学技術の第三の柱となりました。その応用はレーザーや超伝導技術に始まり、今後は高度医療、生命工学、量子情報、エネルギー科学など最先端の科学技術を切り拓こうとしています。つまり、量子力学を基礎とする「量子科学」は、現在の科学技術に無くてはならない分野であり、また未来を切り拓く牽引車的な分野なのです。

 日本大学大学院理工学研究科量子理工学専攻は、量子力学の更なる追及、また量子科学の新しい理工学への応用を主な目的として、平成4年に開設されました。本専攻では、時代の要請に応じた新しい研究が日夜、繰り広げられています。研究のテーマが学際的なこともあり、本専攻には物理系の学生だけでなく、電気、電子、機械等工学系の学生も在籍できます。

 日本大学には、学部を横断する学際的な研究センターである「日本大学量子科学研究所」が設置されています。本専攻はその活動と密接な関連があり、配属された大学院生は、加速器・放射線科学、超伝導科学、量子光学、核融合、プラズマ科学、素粒子論、原子核理論、非線形数理シミュレーション等広い分野で量子科学にかかわる研究ができます。
※画像をクリックで、拡大図が開きます。